サプリメントの上手な摂取方法

DHAやEPAは、健康にいい成分として知られています。でも、もっといい効果を期待できるように、摂取方法を考えてみてください。

 

一緒に摂取するとよりパワーアップする栄養素をご紹介します。

 

DHAとEPAは一緒に摂取が基本

 

DHAとEPAは似ている成分で同じものとして考えている人が多いですが、実は違う成分です。しかし、同時に摂取することが基本となっています。というのも、一緒に摂取することで、それぞれの効果がアップするからです。別々に摂るよりも同時に摂取したほうがいいとなれば、DHAとEPAはセットで考えておきましょう。

 

抗酸化作用のある成分と摂取しよう

 

DHAやEPAは、酸化しやすい成分です。そのため、抗酸化作用のある成分と一緒に摂取すると、より効率よく、質の良いDHAやEPAを体内に取り込むことができます。

 

抗酸化作用があれば、酸化を防いでくれます。また、体内で発生してしまった活性酸素を取り除いてくれるので、体のサビなどにも効果が期待できるでしょう。

 

抗酸化作用のある成分といえば、やはりビタミンです。βカロテン、ビタミンCやEなどがおすすめです。ビタミンは、食材から摂取することもできますし、サプリメントを利用してもいいと思います。

 

ビタミンは熱に弱い、胃酸で溶けてしまう、というような特徴がそれぞれあるので、体内に届いてくれる方法を考え、摂取方法も工夫してください。

 

抗酸化作用のある成分を摂取すると、体の酸化を防ぐ期待ができるので、肌のくすみやツヤもよくなり、美容にもいいといわれてアンチエイジングでも注目されています。女性に限らず、誰もがいつまでも若々しくいたいと思うものなので、男女問わず抗酸化作用はおすすめです。

 

より効果的なサプリメントの飲み方

 

飲むタイミングにもこだわると、より効果を期待できます。特におすすめなのが、食後です。食前だと吸収率が下がってしまうのですが、食後に飲めば、より吸収がよくなります。

 

食べ物を食べた後は、体の中では栄養を吸収しようと頑張って働いてくれます。その力を利用して、摂取したDHAやEPAのサプリメントを、吸収がいい状態のうちに摂取してしまおう、というわけです。

 

他にも様々な栄養成分を摂取しているので、同時にDHAやEPAを摂取して、相乗効果も期待することができます。

 

GLP-1という、食後の血糖値を上げないようにするホルモンがあるのですが、このホルモンはDHAやEPAのおかげで増えるといいます。食後の血糖値を上げすぎないためにも、食後をおすすめします。


このページの先頭へ戻る