DHA・EPAはDHA・EPAが含まれる食材

DHA・EPAは、体にとって摂取したほうがいい成分です。最近は特に、生活習慣病の予防や、脳の活性化にもなるとして、注目されています。

 

では、どんな食材を食べると、DHA・EPAを摂取することができるでしょうか。DHA・EPAをたくさん含む食材をご紹介します。

 

DHA・EPAを摂取するなら魚がおすすめ

 

DHAとEPAは、魚の多く含まれています。大体1000rは摂取したほうがいいと厚生労働省が設定しているのですが、それを上回る摂取をしようと思うと、DHAやEPAがたくさん含まれている食材を探さなくてはいけません。

 

魚でいうと、まぐろなら100gあたり、DHAは2877r程度、EPAは1288r程度となります。それだけで毎日の摂取量をクリアしています。DHAを100gあたり1000r以上含んでいるのは、ブリ、サバ、サンマ、ウナギ、マイワシとなります。EPAの場合は、マイワシ、サバと、まぐろを合わせた3つの魚だけです。

 

魚は魚でも、1000r以上を上回る量を摂取しようと思うと、魚を選んで食べなくてはいけません。1日に1000rですから、毎日食べ続けるのは結構大変です。といっても、魚以外に含まれている食材は少ないので、意識してDHAやEPAを含む魚を食べて、摂取量を増やしましょう。

 

魚は魚でも、缶詰の魚にも含まれているので、便利な缶詰もぜひ活用してください。とても気軽に食べられます。特にサバの水煮には、多くのDHAが含まれています。

 

魚以外でDHA・EPAが含まれるものとは

 

DHAやEPAは魚から摂取するのですが、体内でDHAやEPAが変わるものもあります。α-リノレン酸という成分です。α-リノレン酸を摂取していれば、体内で一部がDHAやEPAに変わります。直接DHAやEPAを摂取しなくてもいいのです。

 

亜麻仁油、えごま油など、油に多く含まれている成分です。また、くるみにも多く含まれています。α-リノレン酸として摂取する中の、1割程度がDHAやEPAになりますので、毎日積極的に摂取できると、体内でDHAやEPAが作られます。

 

最近はオイル美容が流行っているので、特に亜麻仁油やえごま油は注目されています。毎日の生活に取り入れてみてはどうでしょうか。

 

油の摂取しすぎに注意

 

魚の中でも、基本的には油がのっている物がおすすめですし、α-リノレン酸が含まれるのは、油が中心です。

 

しかし、体にいい油とはいえ、油は油です。油はカロリーが高いので、摂取しすぎると、カロリーの摂りすぎになる可能性があります。体にいいからといって、摂取しすぎには注意してください。適量を守って、毎日続けることが健康のためです。


このページの先頭へ戻る